伝統文化について

書道とは?

古来の筆記具である筆と墨を用いて、漢字や仮名文字を芸術的に表現できる日本の伝統文化の一つである「書道」。文字の整い具合の他、筆の選び方、墨の濃淡、全体の配置の美しさといった観点から鑑賞するものです。
硯や筆などの美しい文房具を書斎ン飾り、客とともにめでる。文房具を鑑賞すると言った文化を伝承する為、当店では店主自らが奈良正倉院御物(宝物)として貯蔵されている筆を再現(製作)し、展示しております。

商品のご案内

矢立

説明文 筆と文字や絵や図面などを、毛筆で書いた時代の墨壺が一体化した携帯書道具 実用性だけでなく装飾性にも優れた本品は、工芸品としても高い評価を受けていますが、現代、使う人も少なく作る職人も希少となっています。

携帯用書道具

コンパクトかつお洒落にさりげなく、何時でもどこでも筆文字が書ける。持ち運びに便利なミニ書道セットです。

0,000円〜

塗香入れ

伽羅、白檀、ウコンなどの名香を粉末にして調合した身を清める香を入れる物。

0,000 円〜

香合

木、竹、珊瑚、天然素材を使用しています。蓋と身の調整がほどよく、きっちりとかみ合うのが特徴です。

0,000 円〜
店名 文殊房
住 所 〒633-0001 奈良県桜井市三輪1186-1
電話番号 TEL:0744-45-2004 FAX:0744-42-2740
営業時間 10:00-18:00
定休日 不定休
ご来店の際は、お手数ですが、お電話のうえお越しください。